5月のバースデイフラワー【誕生花】

5月

5月11日

アガパンサス

花茎の先に6弁のラッパ形の花を球状に咲かせる。

アガパンサスの汁液が肌に触れると皮膚炎を引き起こしたり、誤って目をこすると結膜炎が生じるなどの症状を引き起こす可能性があるので、取り扱いには注意が必要。

 

学名
Agapanthus Hybrids
アガパンサス・ハイブリッツ
科名・属名
ユリ科・アガパンサス属
英名
African Lily
アフリカン・リリー
由来
ギリシャ語で「愛」を意味する「Agape(アガベ)」と「花」を意味する「Anthos(アンサス)」に由来する。
和名
紫君子草 むらさきくんしそう
由来 -
別名 -

園芸分類
半耐寒性宿根草
品種
Agapanthus Africanus ‘arubus’
アガパンサス・アフリカヌス・アルブス
Agapanthus Inapertus
アガパンサス・イナペルツス
Agapanthus ‘Silver Baby’
アガパンサス・シルバー・ベイビー
Agapanthus Nutans ‘Peter Pan Blue’
アガパンサス・ヌタンス・ピーター・パン・ブルー
Agapanthus Praecox ‘Orientalis’
アガパンサス・プラエコクス・オリエンタリス
森の泉 もりのいずみ
など
用途
花壇、プランター、切り花など
効能 -
主な原産地
南アフリカなど

開花期 5~8月
草丈 30~150cm
花色
   
花言葉
実直、愛しい人、恋の訪れ、愛の便り、誠実な愛、恋の季節
誕生花
5/11、6/11、6/19、6/27、6/29、6/30、7/3、7/6、7/25、8/22
ギリシャ神話
全知全能の神 ゼウスに求愛され困っていた虹の女神 イリスに、ゼウス妻 ヘラがかけた酒が地上に落ちて、そこからアガパンサスの花が咲いたとのだとか。

 

その他のバースデイフラワー

ペチュニア
ライラック
ラベンダー
セントーレア
カーネーション
ディモルフォセカ
紅花(べにばな)
林檎(りんご)
金蓮花(きんれんか)
矢車草(やぐるまそう)
鉄砲百合(てっぽうゆり)
貝母百合(ばいもゆり)

 

5月12日

スターチス

茎の先にドライフラワーのように乾いたような質感のある、小さな花を無数に咲かせる。

 

学名
Limonium Sinuatum
リモニウム・シヌアータ
科名・属名
イソマツ科・リモニウム属
英名
Statice スターチス
由来
古くから下痢止め薬として用いられていりことから、ギリシャ語で「止める」を意味する「Statizo(スタティーゾ)」に由来する。
和名
花浜匙 はなはまさじ
由来 -
別名
Limonium
リモニウム
Sea Lavender
シー・ラベンダー

園芸分類
半耐寒性多年草、秋まき一年草
多年草ではあるが高温多湿の環境に弱いため、一年草として扱われていることが多い
品種
Limonium Sinuatum ‘Crystal Lemon’
リモニウム・シヌアータ・クリスタル・レモン
Limonium Sinuatum ‘Light Blue Star’
リモニウム・シヌアータ・ライト・ブルー・スター
Limonium Sinuatum ‘Forever Rose’
リモニウム・シヌアータ・フォーエバー・ローズ
Limonium Sinuatum ‘Clear Snow’
リモニウム・シヌアータ・クリア・スノー
など
用途
花壇、プランター、寄せ植え、切り花、ドライフラワーなど
効能 -
主な原産地
コーカサス、イラン、地中海沿岸など

開花期
一年草 5~6月
多年草 6~9月
草丈 30~60cm
花色
     
花言葉
成功、驚き、永久不変、固い約束、私は永遠に、変わらぬ愛、長すぎた恋愛、途絶えなき記憶
誕生花
1/20、4/18、4/27、4/29、5/4、5/7、5/12、5/16、11/11、11/16、11/17、11/19
神話 -

 

その他のバースデイフラワー

ユッカ
アスチルベ
ライラック
カンパニュラ
カーネーション(赤)
デルフィニウム
生姜(しょうが)
皐月(さつき)
躑躅(つつじ)

 

5月13日

杜若

水辺や湿地に生息する、菖蒲(あやめ)に似た花を咲かせる。

 

学名
Iris Laevigata
イリス・レヴィガータ
科名・属名
アヤメ科・アヤメ属
英名
Water Iris
ウォーター・イリス
由来 -
和名
杜若 かきつばた
由来
布に花の汁をこすりつけて染めたことから「書き付け花」と呼んでいたものが転じたことに由来する。
別名
燕子花 かきつばた
貌佳草 かおよぐさ
顔佳花 かおよばな

園芸分類
耐寒性宿根草
品種
舞孔雀 まいくじゃく
孔雀の羽 くじゃくのはね
折鶴 おりづる
など
用途
庭植え、プランターなど
効能 -
主な原産地
日本、東アジア、ロシア東部など

開花期 5~6月
草丈 70~90cm
花色  
花言葉
贈り物、幸運、雄弁、幸運が必ず来る
誕生花
4/17、4/29、5/10、5/13、5/14、6/10、6/20、7/3
ギリシャ神話
最高神 ゼウスの侍女だったイリス(アイリス)が、ゼウスからの求愛から逃れるため、ゼウスの妻 ヘラにお願いをして、3滴の神の酒をかけてもらい「虹の女神」に姿を変えてもらったのだとか。

 

その他のバースデイフラワー

ボロニア
カーネーション
フランネル・フラワー
桜草(さくらそう)
芍薬(しゃくやく)
山査子(さんざし)
花菱草(はなびしそう)
都忘れ(みやこわすれ)

 

5月14日

苧環(紫)

ひょろりと伸びた花茎の先に、大きな花をたくさん咲かせる草花。

 

学名
Aquilegia Flabellata
アクイレギア・フラベラータ
科名・属名
キンポウゲ科・オダマキ属
英名
Columbine コロンバイン
由来 -
和名
苧環 おだまき
由来
中心を空洞にして巻きつける麻糸の玉「苧環(おだまき)」に、花形が似ていることに由来する。
別名
Aquilegia アキレギア
European Crow Foot
ヨーロピアン・クロウ・フット
西洋苧環 せいようおだまき
糸繰草 いとくりそう

園芸分類
耐寒性宿根草
品種
Aquilegia Canadensis ‘Little Lanterns’
アクイレギア・カナデンシス・リトル・ランタン
山苧環 やまおだまき
黒花苧環 くろばなおだまき
など
用途
花壇、庭植え、プランター、寄せ植え、切り花など
効能 -
主な原産地
日本、イギリス、北ヨーロッパ、シベリア、北アメリカなど

開花期 5~6月
草丈 10~100cm
花色
         
花言葉
勝利、愚か、捨てられた恋人、思い出の恋人
 心配して震えている
 勝利への決意
 あの方がきがかり
誕生花
4/1、4/9、4/20、5/2、5/6、5/8、5/15、5/18、5/20、5/29、5/30
 6/2
 5/14
神話 -

 

その他のバースデイフラワー

アイリス
アキレア
イベリス
アスチルベ
ペチュニア
カンガルー・ポー
ダッチ・アイリス
デルフィニウム
紫蘭(しらん)
薔薇(ばら)
杜若(かきつばた)
芍薬(しゃくやく)
勿忘草(わすれなぐさ)

 

5月15日

カーネーション

お母さんに「感謝」の気持ちを込めて、「母の日に」贈る花としても有名。

 

学名
Dianthus Caryophyllus
ディアントゥス・カリュオピュッルス
科名・属名
キンポウゲ科・フクジュソウ属
英名
Carnation カーネーション
由来
カーネーションは、赤い花びらが「肉」の色に似ていることから、ラテン語で「肉の色」を意味する「Carn(カルン)」に由来する。

または、ヨーロッパ諸国の「国王」あるいは、皇帝の即位式「戴冠式(たいかんしき)」を意味する「Coronation(コロネーション)」に由来しているともいわれ、古代ギリシャでは、オリンパス山の神々の主神ゼウスに捧げる「花冠」をつくるのに使われていたのだとか。
和名
和蘭石竹 おらんだちくせき
由来 -
別名
麝香撫子 じゃこうなでしこ

園芸分類
非耐寒性宿根草
品種
Carnation ‘Opera’
カーネーション・オペラ
Carnation ‘Fire Queen’
カーネーション・ファイヤー・クイーン
Carnation ‘Antoinette’
カーネーション・アントワネット 
Carnation ‘Golden Yellow’
カーネーション・ゴールデン・イエロー
Mini Carnation
ミニ・カーネーション
カーネビクトリア
など
用途
花壇、プランター、切り花など
効能 -
主な原産地
南ヨーロッパ、地中海沿岸、西アジアなど

開花期
4~6月、9~11月
草丈 15~120cm
花色
    
花言葉
魅力、愛情、名声、感謝の心、暖かい心、美しい仕草
 敬愛、深い愛、母への愛、あなたに会いたくてたまらない
 熱愛、女性の愛、美しいしぐさ、あなたを決して忘れません
 純粋な愛、清らかな慕情、あなたを熱愛します
 軽蔑、拒絶、あなたには失望しました
 誇り、気品、変わりやすい、気まぐれ
 純潔、純粋な愛、私の愛は生きています
誕生花
1/21、4/15、5/10、5/11、5/13、5/17、5/26、6/15、10/11、12/17
 5/12、11/20
 1/11、5/15
ギリシャ神話
カーネーションの冠作りの名人だった美しい娘ソニクスは、日ごろから太陽神アポロンの祭壇を、カーネーションで美しく飾っていたが、彼女を妬むものがソニクス殺めてしまった。

彼女の死を知ったアポロンはソニクスの生前の行いに感謝し、彼女の姿をカーネーションに変えて手厚く弔ったのだとか。

 

その他のバースデイフラワー

アパラガス
カンパニュラ
サンダーソニア
苧環(おだまき)
毒溜(どくだみ)
薔薇(ばら)
牡丹(ぼたん)
野薔薇(のばら)
花菱草(はなびしそう)
勿忘草(わすれなぐさ)

 

5月16日

アリウム・ギガンチウム

長い花茎の先に、ネギ坊主に似た大きな球状の花を咲かせる。

 

学名
Allium Giganteum
アリウム・ギガンチウム
由来
差はあるものの、花全体に強い「ネギ臭さ」があり、球状の特徴的な花を咲かせることから、ラテン語で「ニンニク」を意味する「Allium(アリウム)」と「巨大な」を意味する「Giganteum(ギガンチウム)」に由来する。
科名・属名
ヒガンバナ科・ネギ属
英名
Allium アリウム
由来 -
和名
花葱 はなねぎ
由来 -
別名
Giant onion ジャイアント・オニオン
葱坊主 ねぎぼうず

園芸分類
秋植え耐寒性球根
品種
Allium Giganteum
アリウム・ギガンチウム
Allium ‘Globemaster’
アリウム・グローブマスター
Allium Aflatuense ‘Purple Sensation’
アリウム・アフラチュネンセ・パープル・センセーション
Allium Amethystinum ‘Forelock’
アリウム・アメチスチナム・フォーロック
Allium Karataviense ‘Ivory Queen’ 
アリウム・カラタヴィエンセ・アイボリー・クイーン
Allium Moly
アリウム・モーリー
Allium Schubertii
アリウム・シューベルティ
Allium Sphaerocephalon
アリウム・スファエロセファロン
など
用途
花壇、プランター、切り花など
効能 -
主な原産地
中央アジアなど

開花期 4~6月
草丈 30~150cm
花色
     
花言葉
繁栄、幸運、謙遜
誕生花
3/16、5/2、5/16、5/31、6/9、6/18、7/14、7/23
神話 -

 

その他のバースデイフラワー

イキシア
スターチス
フリチラリア
芍薬(しゃくやく)
薔薇(ばら)
山吹(やまぶき)

 

5月17日

紫蘭

長く伸びた花茎の先に、横向きに数個の花を咲かせる。

 

学名
Bletilla Striata
ブレティラ・ストリアータ
科名・属名
ラン科・シラン属
英名
Hyacinth Orchid ヒヤシンス・オーキッド
由来 -
和名
紫蘭 しらん
由来
紫色の蘭であることに由来する。
別名
白及 びゃっきゅう
紅蘭 べにらん

園芸分類
耐寒性宿根草
品種 -
用途
薬用、花壇、プランター、切り花など
効能
吐血、消炎、排膿、胃潰瘍、下痢止めなど
主な原産地
日本、中国、台湾など

開花期 5~6月
草丈 30~60cm
花色
  
花言葉
美しい姿、華やかな恋、苦しむ勇気、楽しい語らい、お互い忘れないように
誕生花
4/17、4/28、5/6、5/14、5/17、5/18、5/31、6/19、6/22
神話 -

 

その他のバースデイフラワー

フクシア
ロベリア
ジャガイモ
ライラック
チューリップ
ホルデューム
カーネーション
麦(むぎ / 大麦)
菖蒲(しょうぶ)
牡丹(ぼたん)
蜜柑(みかん)

 

5月18日

ユーフォルビア

へら状の緑鮮やかな葉を互い違いに生やし、春に緑黄色の杯(さかずき)状の花を咲かせる。

花の形と葉や幹を傷つけると白い乳液を出てくる。これには毒性を含んでおり、皮膚につくとかぶれることがあるので注意が必要。

 

学名
Euphorbiaceae Euphorbia
ユーフォルビアシエ・ユーフォルビア
科名・属名
トウダイグサ科・ユーフォルビア属
英名
Euphorbia ユーフォルビア
由来
ローマ時代の古代王国マウレタニアの王ユバのギリシャ人医者 エウポルボス(Euphorbos)に由来する。
和名
灯台草 とうだいぐさ
由来
葉の形が昔の灯台に似ていることに由来する。
別名 -

園芸分類
耐寒性常緑多年草、耐寒性一年草
多年草ではあるが高温多湿の環境に弱いため、一年草として扱われていることが多い
品種
Euphorbia ‘Ascot Rainbow’
ユーフォルビア・アスコット・レインボー
Euphorbia Polychroma
ユーフォルビア・ポリクロマ
Euphorbia Characias
ユーフォルビア・キャラシアス
Euphorbia Corollata
ユーフォルビア・コロラータ
など
用途
花壇、プランター、寄せ植えなど
効能 -
主な原産地
東アジア、ヨーロッパ、メキシコなど

開花期 4~7月
草丈 20~100cm
花色
     
花言葉
思慕、地味、尊敬、協力を得る、明るく照らして、君にまた会いたい
誕生花
5/18、8/26
神話 -

 

その他のバースデイフラワー

ベロペロネ
ペチュニア
ライラック
アマランサス
紫蘭(しらん)
苧環(おだまき)
桜草(さくらそう)
芍薬(しゃくやく)
黄花秋桜(きばなこすもす)

 

5月19日

皐月

躑躅(つつじ)の花が開花するより少し遅く、春の花が一段落した頃に花を咲かせる花木。

 

学名
Rhododendron Indicum
ロドデンドロン・インディカム
科名・属名
ツツジ科・ツツジ属
英名
Satsuki Azalea
サツキ・アザレア
由来 -
和名
皐月 さつき
由来
旧暦「皐月(5月)」に花を咲かせることに由来する。
別名
皐月躑躅 さつきつつじ

園芸分類
耐寒性常緑低木
品種
華宝 かほう
大盃 おおさかずき
好月 こうげつ
寿光冠 じゅこうかん
など
用途
庭木、公園樹、街路樹、プランター、盆栽、グランドカバーなど
効能 -
主な原産地
日本など

開花期 5~6月
樹高 30~100cm
花色
   
花言葉
明るい交際、協力を得られる、節制
誕生花
5/12、5/19、6/21
神話 -

 

その他のバースデイフラワー

芍薬(しゃくやく)
胡桃(くるみ)

 

5月20日

リトープス

主に観葉植物として栽培される多肉植物の代表的な品種。

 

学名
Lithops Helmutii
リトープス・ヘルムッティ
科名・属名
ハマミズナ科・リトープス属
英名
Lithops リトープス
由来
ギリシャ語で「石」を意味する「Lith(リズ)」と「外観」を意味する「Ops(オプス)」に由来する。
和名
女仙 めせん
由来 -
別名
石塊菊 いしころぎく

園芸分類
耐寒性多年草
品種
日輪玉 にちりんぎょく
寿麗玉 じゅれいぎょく
花紋玉 かもんぎょく
など
用途
プランターなど
効能 -
主な原産地
南アフリカなど

開花期 10~1月
草丈 2~5cm
花色
  
花言葉
用心深い、こよなき魅力
誕生花
5/20、12/6
神話 -

 

その他のバースデイフラワー

フクシア
ビバーナム
セントポーリア
デルフィニウム
苧環(おだまき)
檸檬(れもん)
御辞儀草(おじぎそう)