9月のバースデイフラワー【誕生花】

9月

9月11日

アスクレピアス

羽根を付けたような花びらを下向きにつけて花を咲かせる。

 

学名
Ascliepias Curassavica
アスクレピアス・クラサヴィカ
英名 
アスクレピアスは、ギリシャ神話の医学の神 アスクレピオス(Aesculapius)に由来する。
科名・属名
キョウチクトウ科・トウワタ属
英名
Butterfly Weed
バタフライ・ウィード
由来 -
和名
唐綿 とうわた
由来 -
別名
Milk Weed ミルク・ウィード
Blood Fower ブラッド・フラワー

園芸分類 非耐寒性宿根草
品種
Asclepias curassavica ‘Silky Gold’
アスクレピアス・クラサヴィカ・シルキー・ゴールド
Asclepias curassavica ‘Red Butterfly’
アスクレピアス・クラサヴィカ・レッド・バタフライ
Asclepias tuberosa
アスクレピアス・ツベロサ
など
用途
花壇、プランター、切り花など
効能 -
主な原産地
北アメリカ、アフリカなど

開花期 7~9月
草丈 50~100cm
花色
    
花言葉
小さな恋、心変わり、私を行かせて
誕生花
7/18、9/11
神話 -

 

その他のバースデイフラワー

アロエ
ミント
サフラン
茄子(なす)
撫子(なでしこ)
葡萄(ぶどう)
女郎花(おみなえし)
浜撫子(はまなでしこ)

 

9月12日

太藺

水辺や沼地などの湿地に自生する水草。

 

学名
Schoenoplectus Tabernaemontani
シェーノプレクトス・タベルナエモンターニ
科名・属名
カヤツリグサ科・ホタルイ属
英名
Softstem Bulrush
ソフトステム・ブルラッシュ
由来 -
和名
太藺 ふとい
由来
「太い藺草(いぐさ)」に由来する。
別名
Softstem Bulrush
ソフトステム・ブルラッシュ
大藺 おおい
都久毛 つくも

園芸分類
耐寒性多年草
品種
縞太藺 しまふとい
など
用途
鉢植え、水鉢など
効能 -
主な原産地
ヨーロッパ、アジア、日本など

開花期 6~9月
草丈 30~60cm
花色  
花言葉
豊満、肥大、品位、無分別
誕生花
6/15、9/12、10/3
神話 -

 

その他のバースデイフラワー

クレマチス
芒(すすき)
桔梗(ききょう)
竜胆(りんどう)
千日紅(せんにちこう)
杜鵑草(ほととぎすそう)

 

9月13日

猫柳

渓流や小川、河川などに自生し、葉よりも先に銀白色の柔らかい毛に包まれた花穂をつけ、春の訪れを知らせてくれる花木。

 

学名
Salix Gracilistyla
サリクス・グラキリスティラ
科名・属名
ヤナギ科・ヤナギ属
英名
Rosegold Pussy Willow
ローズゴールド・プッシー・ウィロー
由来 -
和名
猫柳 ねこやなぎ
由来
銀白色の柔らかい毛に包まれた花穂が、猫の尻尾に似ていることに由来する。
別名
川柳 かわやなぎ
狗尾柳 えのころやなぎ

園芸分類
耐寒性落葉低木
品種
ピンク猫柳 ぴんくねこやなぎ
黒猫柳 くろねこやなぎ
など
用途
庭木、プランター、切り花など
効能 -
主な原産地
日本、中国、朝鮮半島など

開花期 3~4月
樹高 1~3m
花色
  
花言葉
自由、率直、気まま、努力が報われる
誕生花
1/20、1/23、1/30、2/5、2/10、2/12、9/13
神話 -

 

その他のバースデイフラワー

カンナ
ブッドレア
玉簾(たますだれ)
彼岸花(ひがんばな)

 

9月14日

マルメロ

花梨(かりん)に似た果樹で、春先に白やピンク 色の可愛らしい花を咲かせる。

 

学名
Cydonia Oblonga
サイドニア・オブロンガ
科名・属名
バラ科・マルメロ属
英名
Marmelo マルメロ
由来
ポルトガル語で「マルメロの樹」を意味する「Marmeleiro(マルメレイロ)」が由来する。
和名
西洋花梨 せいようかりん
由来 -
別名
Quince クインス
鎌倉海棠 かまくらかいどう

園芸分類
耐寒性落葉高木
品種
Cydonia Oblonga ‘Smyrna’
サイドニア・オブロンガ・スミルナ
Cydonia Oblonga ‘Champion’
サイドニア・オブロンガ・チャンピョン
など
用途
果樹、庭植え、プランターなど
効能
咳止め、風邪予防など
主な原産地
トルコ、イラン、中央アジアなど

開花期 4~5月
樹高 3~8m
花色  
花言葉
魅惑、魅力、誘惑、幸福
誕生花
9/10、9/14、12/6
神話 -

 

その他のバースデイフラワー

サルビア
リコリス
アゲラタム
ブルー・サルビア
マリーゴールド
ダスティー・ミラー
芙蓉(ふよう)

 

9月15日

ダリア(赤)

舌状花(ぜつじょうか)が幾重にも重なりあったゴージャスな大輪花を咲かせる、夏を代表する花のひとつ。

 

学名
Dahlia Pinnata ダリア・ピンナタ
科名・属名
キク科・ダリア属
英名
Dahlia ダリア
由来
スウェーデンの植物学者のアンデシュ・ダール (Anders Dahl) 氏の名前に由来する。
和名
天竺牡丹 てんじくぼたん
由来 -
別名 -

園芸分類
半耐寒性球根、春植え一年草
多年草ではあるが高温多湿の環境に弱いため、一年草として扱われていることが多い
品種
Dahlia ‘Summer Dance’
ダリア・サマー・ダンス
Dahlia ‘Hamilton junior’
ダリア・ハミルトン・ジュニア
Dahlia ‘Pink Diamond’
ダリア・ピンク・ダイアモンド
Dahlia ‘Black Beauty’
ダリア・ブラック・ビューティー
Dahlia ‘Moon Stone’
ダリア・ムーン・ストーン
Dahlia ‘LaLaLa’
ダリア・ラララ
福寿 ふくじゅ
曙 あけぼの
黒蝶 こくちょう
花の宴 はなのうたげ
など
用途
花壇、庭植え、プランター、切り花など
効能 -
開花期 7~11月
花色
    
草丈 15~150cm
主な原産地
メキシコ、グアテマラなど

神話 -
花言葉
優雅、気品、移ろい、エレガント
 栄華、華麗
 優美
 感謝、豊かな愛情
誕生花
5/5、6/2、6/5、7/27、7/28、7/29、8/13、8/17、9/2、9/3、9/21、9/23、10/18、10/22
 9/10、9/15
 7/12、9/24 
 9/24

 

その他のバースデイフラワー

グラジオラス
マリーゴールド
芒(すすき)
秋桜(こすもす)
錦木(にしきぎ)
鬼百合(おにゆり)
千日紅(せんにちこう)

 

9月16日

竜胆

枕草子や源氏物語などにも登場する、古くから野山に自生する、秋を代表する草花のひとつ。

 

学名
Gentiana Scabra
ゲンティアナ・スカブラ
科名・属名
リンドウ科・リンドウ属
英名
Gentiana ゲンティアナ
由来 -
和名
根の味が「竜の胆」のように苦いことに由来する。
由来 -
別名
疫病草 はえやみぐさ
苦菜 にがな

園芸分類
耐寒性宿根草
品種
Gentiana ‘Alpine Blue’
ゲンチアナアルペン・ブルー
蝦夷御山竜胆 えぞおやまりんどう
新霧島竜胆 しんきりしまりんどう
など
用途
庭植え、プランター、切り花など
効能
食欲不振、消化不良など
主な原産地
日本、中国など

開花期 9~11月
草丈 15~100cm
花色
   
花言葉
淋しい愛情、苦悩、あなたの悲しみに寄りそう
 勝利、誠実、正義、悲しんでいるあなたが好き
 的確、貞節
誕生花
8/31、9/12、9/16、9/17、9/18、9/20、9/26、10/2、10/3、10/13、10/20、10/23
神話 -

 

その他のバースデイフラワー

ベロニカ
アマランサス
シンゴニウム
キャット・ウイスカー
杜鵑草(ほととぎすそう)

 

9月17日

コキア

夏に箒のような細かい茎が、こんもりとまとまり球状の鮮やかな緑葉をつくり、秋には赤く紅葉する。

コキアの果実を加工した「とんぶり」は、プチプチした食感と色合いから「畑のキャビア」とも呼ばれている。

 

学名
Bassia Scoparia
バッシア・スコーピア
科名・属名
ヒユ科・バッシア属
英名
Kochia コキア
由来
ドイツの植物学者ジョセフ・コッチ(Joseph Koch)氏の名前に由来する。
和名
箒木 ほうきぎ
由来
枯れた枝を束ねて箒(ほうき)に利用していたことに由来する。
別名
Belvedere ベルベデーレ
箒草 ほうきぐさ

園芸分類
春植え非耐寒性一年草
品種
Bassia Scoparia ‘Autumn Beauty’
バッシア・スコーピア・オータム・ビューティー
Bassia Scoparia var. Trichophylla
バッシア・スコーピア・バリエーション・トリコフィラ(ハナホウキギ)
Bassia Scoparia ‘Acapulco Silver’
バッシア・スコーピア・アカプルコ・シルバー
など
用途
食用、薬用、庭植え、プランターなど
効能
強壮、利尿など
主な原産地
南ヨーロッパ、中国など

開花期 7~8月
草丈 30~150cm
花色  
花言葉
夫婦円満、恵まれた生活、あなたに全て打ち明けます
誕生花
1/31、9/17、10/9
神話 -

 

その他のバースデイフラワー

エリカ
ローズマリー
チューベローズ
竜胆(りんどう)
野葡萄(のぶどう)
風船葛(ふうせんかずら)

 

9月18日

コスモス

日本の秋を象徴する、秋を代表する草花のひとつ。

 

学名
Cosmos Bipinnatus
コスモス・ビピンナツス
科名・属名
キク科・コスモス属
英名
Cosmos コスモス
由来
花の美しさから、ギリシャ語で「飾り・美」を意味する「Kosmos(コズモス)」に由来する。
和名
秋桜 こすもす
由来
1977年にさだまさしさんが作詞作曲した、山口百恵さんの「秋桜(コスモス)」という歌謡曲が大ヒットしたことに由来する。当時の歌謡曲は、「運命(さだめ)・永遠(とわ)」と言ったような漢字に違う言葉を当てて読ませることが流行っていたのだとか。
別名
秋桜 あきざくら
大春車菊 おおはるしゃぎ

園芸分類
半耐寒性多年草、春まき一年草
多年草ではあるが高温多湿の環境に弱いため、一年草として扱われていることが多い
品種
Cosmos Bipinnatus ‘Yellow Campus’
コスモス・ビピンナツス・イエロー・キャンパス
Cosmos Bipinnatus ‘Yellow Garden’
コスモス・ビピンナツス・イエロー・ガーデン
Cosmos Bipinnatus ‘Sensation’
コスモス・ビピンナツス・センセーション
Cosmos Bipinnatus ‘Radiance’
コスモス・ビピンナツス・ラディアンス
など
用途
花壇、プランター、寄せ植え、切り花など
効能 -
主な原産地
メキシコ、アメリカなど

開花期 6~11月
草丈 30~200cm
花色
     
花言葉
真心、優美、純心、謙虚、装飾、乙女心
 調和
 少女の愛情
 繊細な心
 美麗
誕生花
9/3、9/5、9/15、9/18、9/22、9/23、9/27、10/6、10/9、10/14、10/31
神話 -

 

その他のバースデイフラワー

竜胆(りんどう)
鳳仙花(ほうせんか)
紫陽花(あじさい)
御辞儀草(おじぎそう)
孔雀アスター(くじゃくあすたー)

 

9月19日

サルビア

夏から秋にかけて筒形の花を穂状に咲かせ、花壇などを彩るポピュラーな花のひとつ。

 

学名
Salvia Splendens
サルビア・スプレンデス
科名・属名
シソ科・サルビア属
英名
Salvia サルビア
由来
ラテン語で「治療」を意味する「Salvare(サルワーレ)」に由来する。
和名
緋衣草 ひごろもそう
由来 -
別名
Scarlet Sege スカーレット・セージ

園芸分類
非耐寒性宿根草、春植え一年草
多年草ではあるが高温多湿の環境に弱いため、一年草として扱われていることが多い
品種
Salvia ‘Indigo Spire’
サルビア・インディゴ・スパイアー
Salvia Elegans
サルビア・エレガンス
Salvia Clevelandii
サルビア・クレベランディ
Salvia Coccinea
サルビア・コクシネア
など
用途
ハーブ、花壇、庭植え、プランター、寄せ植えなど
効能
強壮、解熱、殺菌、消化促進など
主な原産地
ブラジル、ヨローッパなど

開花期 5~10月
草丈 25~200cm
花色
     
花言葉
家族愛、尊重
 燃ゆる思い
 尊敬、知恵
誕生花 
6/7、7/13、7/30、8/6、8/31、9/14、9/19、10/4、12/18
神話 -

 

その他のバースデイフラワー

サルビア
ベアグラス
ユーチャリス
サンダーソニア
ブルー・サルビア
糸瓜(へちま)
女郎花(おみなえし)
杜鵑草(ほととぎすそう)

 

9月20日

ローズマリー

松の葉に似たやや肉質で線形の葉の間から、さわやかな香りを放つ唇型の小さな花を咲かせる。

ヨーロッパでは古くから、結婚式や葬式などに使われてきた花で、結婚式の前に、花嫁とお揃いのドレスを着て花嫁の付き添いをする友人「ブライドメイド」が 、ローズマリーの花束を「変わらぬ愛の証し」として、花婿に届ける風習がある。

 

学名
Rosmarinus Officinalis
ロスマリーヌス・オフィキナリス
科名・属名
シソ科・ローズマリー属
英名
Rosemary ローズマリー
由来
花びらの形が雫(しずく)に似ていることや地中海沿岸に多く自生していることから、ラテン語で「雫」を意味する「Ros(ロス)」と「海の」を意味する「Marinus(マリヌス)」に由来する。
和名
万年朗 まんねんろう
由来 -
別名
万年蝋 まんねんろう
万年露 まんねんろう
迷迭香 めいてつこう

園芸分類
耐寒性常緑低木
品種
Rosmarinus Officinalis ‘Tuscan Blue’
ロスマリーヌス・オフィキナリス・トスカーナ・ブルー
Rosmarinus Officinalis ‘Majorca Pink’
ロスマリーヌス・オフィキナリス・マジョリカ・ピンク
など
用途
食用、薬用、ハーブ、庭植え、プランター、入浴剤、ポプリ、化粧品など
効能
鎮痛、鎮痙、関節炎、血行促進、食用不振、消化不良、リウマチ、老化防止など
主な原産地
地中海沿岸など

開花期 11~3月
草丈 30~200cm
花色
   
花言葉
記憶、追憶、貞節、誘惑、思い出、私を思って、変わらぬ愛
誕生花
1/13、1/21、4/23、5/9、5/27、9/17、9/20、10/6、11/15、11/22
ギリシャ神話
愛と美の女神 アフロディーテ(ヴィーナス)に献上された花なんだとか。

 

その他のバースデイフラワー

アマランサス
アーティチョーク
玉簾(たますだれ)
竜胆(りんどう)
金雀枝(えにしだ)
藪蘭(やぶらん)
彼岸花(ひがんばな)